Local information 5: Regulations and Customs/ja

Wikimania 2007 Taipei :: a Globe in Accord
Jump to navigation Jump to search
Wikimania(80x15).gif
目次   気象   健康・安全・アクセシビリティ   金融   出入国通関要項と規則、慣習   単位   電気   大使館・領事館   時刻   コミュニケーション   会話    


See Visas for information regarding required documentations and regulations.

持ち込みが禁止・制限されている物品

到着時

以下のものについての税関での虚偽の申告、もしくは未申告には、関係法 (Customs Preventive Law) に従って処罰がなされます。

申告義務のあるもの
  • 20,000新台湾ドル相当額以上の携行品(20歳以下の場合10,000新台湾ドル)
  • 以下の制限を超えるアルコールや煙草
    • 200本以下の巻煙草、25本以下の葉巻、または、1ポンド以下の煙草の葉
    • 1000cc以上のアルコール(20歳以下の入国者は持ち込むことができません)
  • 別送手荷物
  • 全動植物・水中生物は、ただちに検疫されなければならない(怠った場合、30,000〜150,000新台湾ドルの罰金が科せられます。検疫を終了しえなかった場合、処分・あるいは返送されます)
  • 新台湾ドルの60,000新台湾ドルを超える持ち込み
  • つまり、台湾に入国する際、Wiiは2機までしか持ちこめないということです。
持ち込みが禁止されているもの
  • 偽造された通貨、証券、銀行券、鍛造設備 (forging equipment)
  • 生鮮果物・魚肉
  • 銃器、弾丸、爆発物、毒ガス、刀剣類、その他の武器
  • コカイン・マリファナ・大麻などの薬物
  • 生きた野生動物や、保護された種を材料とするもの

出国

中華民国(台湾)を出国する際申告する義務のあるもの
  • 10,000アメリカ合衆国ドル相当額を超える外国通貨
  • 60,000新台湾ドルを超える新台湾ドル
  • 20,000アメリカ合衆国ドルを超える金。中華民国(台湾)から金を伴って出国するときは、かならず申告しなければなりません。
持ち出しが禁止されているもの
  • 薬物
  • 違法にコピーされた音楽・映像・ソフトウェアの入ったカセットテープ・CD・DVD
  • 骨董品、古銭、古美術
  • 銃器(猟銃・空気銃・fishing harpoon)、弾丸、爆発物、毒ガス、刀剣類、その他武器


詳しくは、DGC, Taipei Customs OfficeDirectorate General of Customsをご覧ください。

チャイナ エアライン(中華航空)、エバー航空の機内誌や免税パンフレットには関税規則がわかりやすくまとめられています。

アルコール・煙草の購入の年齢制限

18歳未満の者は、アルコールや煙草を購入できません。台湾は、アメリカ合衆国のようにビールがとてもよく好まれるという文化ではありません。

公共の場での喫煙

バス、MRT首都交通システム、ファーストフードレストランや、ほとんどの個人経営の店舗では、禁煙区画(禁煙席)をもうけています。(特にMRTの車両・駅構内およびバスの車内は禁煙です。)

ビニールのお買い物袋

大きな商店やコンヴィニエンス・ストア、薬局では、1枚の買い物袋を求めるのにつき1〜2新台湾ドルの罰金を払わなければなりません。くわえて、店員やレジ係は、そのとき、「環境バッグ」の購入を勧めます。パン屋とレストランは、この規則から除外されています。

ペット

狂犬病の発生の多い国家から入国するペットは、はやくとも21日以上の隔離に耐えねばなりません。狂犬病の根絶された国家から入国するペットは、健康状態・予防接種の有無を申告し、場合によっては、一定期間の隔離がなされます。ペット用カー(ベビーカーに似ています)や携帯ペット小屋に入れられたペットや、介助犬は、首都交通システムなどの多くの公共の場で容認されています。ペットを歩道で歩かせる場合、バッグとティッシュ・ペーパーをもっていなければ罰金が科せられます(未完?)。